JIDAのプロダクトデザイン検定(PD)検定は、デザイナーとしての専門性の確立と、社会的信頼性の向上、プロダクトデザインの普及・啓発を目的とし、商品開発に関わる全ての人に向けた関連知識の評価基準となるものです。

問題例(プロダクトデザイン検定2級)

問題 1

以下の文章の【 A 】、【 B 】、【 C 】に当てはまる語句で、最も適切なものは次のうちどれか。
プロダクトデザインとは、【 A 】に求められるモノを、【 B 】と使用環境の視点から構想し、【 C 】という手段を通して具現化する活動である。

(1) A:食生活  B:経営者 C:営業
(2) A:人間生活 B:経営者 C:営業
(3) A:人間生活 B:使用者 C:産業
(4) A:食生活  B:使用者 C:産業

問題 2

社会とデザインに関する以下の文章に相当するものは次のうちどれか。
「全体構想」の意で、国、地域、組織など広い範囲や大きい規模を対象としたテーマについて、全体を長期的、総合的に見渡して、あるべき姿を描くこと。

(1) グランドデザイン
(2) ソリューションデザイン
(3) ユニバーサルデザイン
(4) サスティナブルデザイン

問題 3

デザイン戦略の実施に関する組合せで、不適切なものは次のうちどれか。

(1) デザイン戦略…………デザイン理念、デザイン指針
(2) 商品デザイン戦略……デザイン開発方針
(3) 財務戦略………………PI(Product Identity)
(4) 人材組織戦略…………デザイナーの採用、育成

問題 4

TQM活動において顧客満足獲得のための最も重要なマネジメント原理は次のうちどれか。

(1) 小集団活動
(2) PDCAサイクル
(3) ISO 9001 認証
(4) QC 7つ道具

問題 5

次の語句とその説明で、最も適切な組合せは次のうちどれか。

(1) 先行デザイン……………すべてのデザインテーマに対して、事前にデザイン活動を推進すること。
(2) 参加型デザイン…………開発者とデザイナーがコラボレーションしてデザインする手法。
(3) デザイン目標……………商品のデザインを通して実現したい目標のこと。社会的視点、文化的視点が重視される。
(4) デザインコンセプト……デザインの方向性をまとめた基本的概念のことで、デザイン企画書とも呼ばれている。

問題 6

下図は、いくつかの基本過程を繰り返しながら、結果をフィードバックしてデザイン解に向かって進行していくデザインプロセスの概念図である。(A)、(B)、(C)に当てはまる語句で、最も適切なものは次のうちどれか。

(1) A:評価 B:表現    C:再イメージ
(2) A:表現 B:再イメージ C:評価
(3) A:表現 B:評価    C:再イメージ
(4) A:評価 B:再イメージ C:表現

問題 7

以下は三角法で描いた図であるが、A、B、C、Dの図の名称で適切なものは次のうちどれか。

(1) A:平面図 B:正面図 C:右側面図 D:斜線図
(2) A:平面図 B:正面図 C:左側面図 D:断面図
(3) A:正面図 B:平面図 C:左側面図 D:斜線図
(4) A:正面図 B:平面図 C:右側面図 D:断面図

問題 8

以下の説明に相当する語句で、最も適切なものは次のうちどれか。
「経験や情緒を含んだ意識できない心の部分」から何か意味をもった情報がつくられる,プロセスの科学であり、デザインに大きく関わる創造性や感受性の仕組みにも関わる、デザインに最も近いこころの科学である。

(1) 人間工学
(2) ユーザ工学
(3) 心理学
(4) 感性科学

問題 9

マーケティングミックスの4Pに相当する語句で、適切なものは次のうちどれか。

(1) 製品、人間、社会、チャネル
(2) 製品、価格、人間、プロモーション
(3) 製品、価格、人間、社会
(4) 製品、価格、チャネル、プロモーション

問題 10

以下の成形品と使われている材料の組合せで、最も適切なものは次のうちどれか。

(1) A:POM(ポリアセタール)、B:PS(ポリスチレン)、 C:PC(ポリカーボネート)、 D:ABS
(2) A:POM(ポリアセタール)、B:ABS、C:PS(ポリスチレン)、 D:PC(ポリカーボネート)
(3) A:ABS、B:POM(ポリアセタール)、C:PC(ポリカーボネート)、 D:PS(ポリスチレン)
(4) A:PC(ポリカーボネート)、 B:PS(ポリスチレン)、 C:ABS、D:POM(ポリアセタール)