JIDAのプロダクトデザイン検定(PD)検定は、デザイナーとしての専門性の確立と、社会的信頼性の向上、プロダクトデザインの普及・啓発を目的とし、商品開発に関わる全ての人に向けた関連知識の評価基準となるものです。

出張試験について

学校や会社など20名以上で受験いただける場合、その学校や会社などを会場として試験を実施する出張試験制度がございます。

お申込みから試験実施までの流れ

STEP.1  「検定出張試験お申込書」をご提出ください。

  • 試験実施希望日の1年前から1ヶ月前までにお送りください。
  • 実施人数、設備、所在地を元に、検定事務局よりお見積書と注文書(白紙)をお送りいたします。
  • お申込書の内容により、初回の場合は御校(御社)に訪問させていただき、現場の確認および動作検証をさせていただく場合がございます。

STEP.2 「注文書」をご提出ください。

  • お見積書を受領してから1週間以内にお送りください。
  • お見積書に同封の注文書に署名、押捺の上、検定事務局までお送りください。
  • 注文書の到着をもって、試験実施日の予約が完了いたします。
  • 注文書が届き次第、請求書をお送りいたします。

STEP.3 「受験者名簿」をご提出ください

  • 検定事務局所定のExcelフォーマットに、受験者の情報をご記入いただき、受験実施日の2週間前までにお送りください。
  • 追って、確認書をお送りいたします。
  • 受験者名簿の提出がないと、試験を実施することが出来ません。

STEP.4 試験実施(受験)

  • 受験日当日、検定事務局より試験監督を試験実施地に派遣いたします。
  • ご担当者様には試験環境の設営時と撤去時の立会いをお願いいたします。
  • ご提出いただいた「受験者名簿」に基づき当日、ご本人にログイン情報を手渡しいたします。受験者には本人確認のため、顔写真付きの証明書のご提示をお願いします。
<STEP.3> 「受験者名簿」をご提出ください
検定事務局所定のExcelフォーマットに、受験者の情報をご記入いただき、受験実施日の2週間前までにお送りください。
追って、確認書をお送りいたします。
受験者名簿の提出がないと、試験を実施することが出来ません。

<STEP.4> 試験実施(受験)
受験日当日、検定事務局より試験監督を試験実施地に派遣いたします。
ご担当者様には試験環境の設営時と撤去時の立会いをお願いいたします。
ご提出いただいた「受験者名簿」に基づき当日、ご本人にログイン情報を手渡しいたします。受験者には本人確認のため、顔写真付きの証明書のご提示をお願いします。